合宿免許の安い時期っていつ?オフシーズンはほんとに安い!

免許合宿の安い時期っていつでしょう?
4月後半~6月前半、10月~12月前半時期がオフシーズンです。
繁忙期の2月・3月の時期に比べると、閑散期であるオスシーズンでは、4万~10万以上料金が安くなるります。とにかく安く免許合宿に行きたいなと思うのであれば、このオフシーズンの安い時期に合宿免許に行くことが一番お得になります。
それでももっと安い料金で行きたいという方は

さらにポイント!!

早割・グループ割・学割などの利用でさらに格安で合宿免許に行くができます。

ここで安い時期におすすめな教習所を地域別にご紹介しますね。
北海道・東北地方】【北陸・信越地方】【関東地方】【東海地方】【近畿・関西地方】【四国地方】【中国地方】【九州/沖縄地方
※数ある合宿免許サイトで安い時期でお得な教習所を選んでいます。ぜひ参考にしてくださいね。

東北地方

【山形県】マツキドライビングスクール 長井校校

掲載サイト

免許の匠

料金《税別》

170,000円~

安い時期

【2018】10/1~12/15・【2019】1/2~1/18

↓↓HP下部・激安で確認できます↓↓

【山形県】米沢ドライビングスクール

掲載サイト

合宿免許ドリーム

料金《税別》

170,000円~

安い時期

【2018】10/1~12/16・【2019】1/1~1/24・3/22~5/31

↓↓HP下部・激安で確認できます↓↓

【福島県】マツキドライビングスクール 福島飯坂校

掲載サイト

免許の匠

料金《税別》

170,000円~

安い時期

【2018】10/1~12/15・【2019】1/2~1/18

↓↓HP下部・激安で確認できます↓↓

関東地方

【茨城県】大宮自動車教習所

掲載サイト

免許の匠

料金《税別》

205,000円~

安い時期

【2018】9/16~12/31・【2019】4/10~6/30

↓↓HP下部・激安で確認できます↓↓

中部地方

【新潟県】六日町自動車学校

掲載サイト

免許の匠

料金《税別》

165,556円~

安い時期

【2018】11/1~12/15・【2019】1/8~1/22・3/26~5/30

↓↓HP下部・激安で確認できます↓↓

【静岡県】はいなん自動車学校

掲載サイト

免許の匠

料金《税別》

178,000円~

安い時期

【2018】9/12~12/15・【2019】1/7~1/17・3/23~5/31

↓↓HP下部・激安で確認できます↓↓

関西地方

【和歌山県】ドライビング・スクール かいなん

掲載サイト

免許の匠

料金《税別》

料金より10,000割引

安い時期

【2018】9/16~12/31・【2019】1/1~1/12・4/7~5/31

↓↓HP下部・激安で確認できます↓↓

中国・四国地方

【鳥取県】日本海自動車学校

掲載サイト

免許の匠

料金《税別》

195,000円

安い時期

【2018】9/12~12/19・【2019】1/9~1/16・3/24~5/27

↓↓HP下部・激安で確認できます↓↓

掲載サイト

免許の匠

料金《税別》

180,000円

安い時期

【2018】9/16~12/21・【2019】1/1~1/23・3/21~6/30

↓↓HP下部・激安で確認できます↓↓

九州地方

【大分県】きつき自動車学校

早割やグループ割・学割でもっと安く合宿免許に行ける

自動車教習所を少しでも安い料金で済ませるにはどうしたら良いのでしょうか。教習所で自動車免許を取得しようとした場合、16万~30万円程度という高い料金を支払わなければなりませんので、少しでも安いところがないかどうか多くの人は事前に情報を調べて確認しようとするのは当然でしょう。安く利用するには、割引きを活用するというのが一つの手です。
割引きには早割やグループ割・学割といった方法があります。
一般には閑散期と繁忙期がありますが、教習所にもこのような繁忙期や閑散期が存在しており、教習所次第で時期で料金を分けていることもあります。
閑散期に申し込んだ方が安く、予約を入れることも容易なのでお得です。4月初旬は高校生や大学生が少ないのでねらい目で、早割を実施しているというケースがあります。5月中旬以降は大学生の入学が増えるので混んでいき、7月下旬になると高校生が夏休みとなってさらに混むので、4月に入学後も早めに予約してどんどん通った方が良いでしょう。

合宿免許で知っておきたい割引制度とは

これらの割引は全ての教習所で実施している訳ではなく、割引を受けるなどして料金が安くなっても、追加料金など別途料金が多くかかるところもあるので注意して選びましょう。
また、運転が上手くいかずに再履修ということになる場合もあります。この場合に別途料金がかかるところとそうでないところが存在します。自動車の運転に自信がない場合や頻繁に通えないような場合は、追加料金がないか低いところを選ぶというのも結果として料金を安くすることに繋がります。

合宿免許が安い時期とは

自動車やバイクに乗る場合には、運転免許を取得していなければ運転することができません。まだ運転免許を取得していない人は、教習所に通う必要があります。教習所といっても様々な教習所がありますが、最近の人気は合宿免許です。
合宿免許は、通常の自宅から近い場所に通う教習所とは異なり、短期間で免許を取得できる点がメリットになります。自宅から通う場合であれば早くても2カ月近くかかり、普通であれば3カ月から4カ月通い続ける必要があります。
これに対して、合宿免許の場合には早くて20日以内に免許を取得することが可能です。
ただ、どれぐらいの料金になるかが気になるところですが、基本的には20万円から25万円ぐらいが相場になります。宿泊先の費用も合わせてそれぐらいの金額になりますので、決して高くはないでしょう。自宅から通う場合も同じぐらいのお金がかかると考えれば、一人暮らしの人は合宿所に泊まり運転免許を取った方が安くなります。
それ以上に安く合宿免許を利用するためには、オフシーズンを選ぶことが重要になります。合宿免許の場合は、学生が中心になりますので学校が長期休みのときが繁忙期です。
冬休みは短いため合宿免許に参加する人は少ないですが、7月下旬から9月中旬にかけての夏休みと、2月末から3月の終わりにかけての春休みは、ちょうど学生が免許を取得するには良い時期と言えます。
ということは、その時期とは違う時期が安い時期になります。ということは4月後半~6月前半、10月~12月前半時期合宿免許を取得するのに一番安いオスシーズンとなります。
費用が安い時期を選ぶならば、この繁忙期以外の時期《オフシーズン》を選ぶと良いでしょう。
繁忙期以外であれば、宿泊先の部屋もシングルルームではなくツインルームを使えるようなこともあります。教習所としても、繁忙期と閑散期の客入りの差を可能なかぎり縮めたいと考えていますので、繁忙期にはないようなサービスをしてくれることが考えられます。
料金も20万円以下で受講できる場合や、料金はそのままでも自宅に帰宅する時の旅費を負担してくれるキャンペーンなどを行っていることもありますので、よく調べてみるとお得に利用することが可能です。

タイトルとURLをコピーしました