合宿免許に行くのに相部屋、一人部屋どちらが良い?

合宿免許で免許を取得する場合にはある一定の期間を泊まり込みで行うことになりますが、宿泊をする部屋のタイプとしては、概ね、相部屋、2人部屋、1人部屋となります。相部屋と2人部屋はまとめて相部屋とくくることができ、そこには相部屋のメリット・デメリット、一人部屋のメリット・デメリットがあります

相部屋

メリット

何といってもコストを抑えることができるということです。合宿の期間も短いこともあり、相部屋でも我慢ができる場合には費用もかなり落とせることになります。

 

また、万が一卒業できなかったとしてもある程度の期間であれば無料設定を行なっている場所も多く存在します。次に、相部屋の人と仲良くできるということです。

 

1人の場合には、特に、遠方からの参加の場合などでは何かと不安にもなり、部屋に同じ立場の人がいることによって精神的にも落ち着くことができます。教習の悩みや運転のコツを話し合えることもメリットの1つといえます。

デメリット

やはり、周囲に気を使ってしまうということです。特に消灯時間や浴室の使用、またテレビの使用といったものまで煩わしさを感じてしまうことになります。

 

また、いびきや慣れないタイプの人と過ごさなければならないのも相部屋のデメリットとなります。

一人部屋

メリット

相部屋とはまったく逆のことが言えます。完全なプレイベーとの空間を確保できるのは大きなメリットであり、そこでは、自分のタイミングで全てを行なうことができます。

 

また、疲れていても精神的に自由のために、翌日に万全の態勢で臨むことができます。

デメリット

なんといってもコストの面で、追加に関しても1日当たりの料金が発生します。

 

合宿免許に行く場合には、相部屋のメリット・デメリットと一人部屋のメリット・デメリットをよく理解して選ぶようにしましょう。